調査日をいつにすべきか

パートナーの状況によって浮気の調査は変わってきます。一般的な会社勤めの人であれば月曜日から金曜日は夜を中心にして土日は外出時をマークするということになります。自営業の方はそのパターンが大きく変わりますし、サービス系のシフト勤務の人も違いがあります。すべての人が同じパターンで生活しているわけではないのが大変なところです。
 男性ばかりが浮気をしているわけでもありませんので、女性の調査はもっと大変かもしれません。女性は主婦の方だと外出が限られている可能性があるからです。働いている女性はそのシフトによってまちまちになります。このように人それぞれの生活パターンによって調査日は変わってくるのです。
 人によってマークする日が違うので、浮気調査を依頼する人の協力が不可欠になります。自分が把握しているパートナーの動きを出来る限り細かく調査員に提供しなければ、調査員は手のつけどころが見つけにくく、スタートからつまずいてしまいます。浮気調査を依頼するということは、出来る限りの情報提供を調査員にしなければならないということになります。
 調査員は依頼主が物理的に動けない時間帯を、依頼主の変わりに動いてくれるということですから、半ば依頼主と同等の情報を共有していなければなりません。したがって調査日をいつにするのかは、依頼主と綿密に打ち合わせをして夜、昼、平日、休日などの絞込みをしなければなりません。こうした協力をすればするほど、必要経費を浮かすことにもつながります。

浮気調査日をいつにすべきか関連ページ

兆候
依頼前の準備
事前の情報収集
証拠
費用の相場
成功報酬について