写真は大事です

浮気や人探しなどさまざまな案件に対処してくれるのが探偵社ですが、探偵社は依頼主から出来る限りの資料をもらえることができれば、より効率よく時間や人をかけずに調査をすることが出来るのです。効率よく調査を出来るということは「調査費用が安く済む」ということになります。出来る範囲で探偵社に協力することが依頼主にとっては大きなプラスになるということです。
 探偵社が一番ほしいのは被疑者の行動パターンと写真です。この2点を抑えることによって調査の仕方を事前計画できるため、人員や機材の配置を設定しやすくなります。また写真があれば危険を冒して被疑者の写真を盗み撮りする必要もないので、いざ尾行をしなければならないという調査段階になった時、非常に有利に働きます。したがって写真は大事なのです。
 写真があることによって、調査員は情報を共有しやすいわけですし、事前に被疑者の輪郭を頭にインプットすることで、人ごみの中でも被疑者を見失う危険が減ります。こうなると尾行をする際に間を大きく開けていても問題ないわけですし、尾行の中で別の調査員とスイッチすればさらに完璧な尾行をすることが出来るのです。
 浮気調査の場合、できることならば被疑者の相手の写真もあると便利です。探偵社がわざわざマークする不貞相手を探す手間が省けるわけです。探偵社は第3者ですから、被疑者とその相手を全く知らないところから調査を開始しなければならないのです。したがって鍵になる写真を調査開始前に手にすることは大きなメリットとなるのです。

浮気調査は写真が大事です関連ページ

自分で情報を整理しないこと
どんな人?